2005年07月27日

士業とは『さむらい』業なり!?

【 Blog Ranking 】 人気blogはこちら


先日、知り合いの土地家屋調査さんと話す機会があった。

内容は、いたって日常的な会話だったのですが、

その中で、とても気になる言葉がありました。



会話の中で、その調査士さんが普通に使ったことば、



「われわれ『さむらい』業に携わるものは・・・・・」



世間のいわいる「士業」者として開業している方々の間では

ごくごく当たり前に使われているのかもしれませんが、

普通の会社員にとっては、初めて聞く表現で

その後もずっと頭から離れないのです。



辞書によると

「士」

1 男性。男子。

 また、特に学問・道徳などを身にそなえた尊敬に値する人物

 「―に一定の論あり」「同好の―を募る」「博学の―」

2 さむらい。武士。「―農工商」

3 中国、周代の支配階級のうち、大夫の下の身分。

4 一定の資格・職業の人。「弁護―」「イエズス会―」



これから、士業を目指す方々にとって勇気の出る言葉ですよね。



☆注意☆

【さむらい(士)商法】

「この講座を受ければ国家試験が免除される」

「近く国家試験になる予定」

等と称し通信教材等を売りつける商法

まったく異なるビジネスですのでくれぐれもご注意下さい!!!!(゚Д゚ )



005-005.gif

いつも応援ありがとうございます。

1クリック投票お願いします♪


posted by こぶる at 15:06| 愛媛 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | ろーどto宅建 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こぶるさん、こんばんは。

サムライ業・・行政書士もそう言われていますよね。
今の僕にとって、とてもやる気が出る言葉です。
お互い試験まで3ヶ月切りましたが、頑張っていきましょうね(* ̄0 ̄*)ノ オォー!!
Posted by イミダス at 2005年07月27日 20:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。