2005年09月07日

『環境危機時計』は、9時5分

【 Blog Ranking 】 人気blogはこちら


旭硝子財団は6日、地球環境悪化による人類存続の危機の度合いを、

世界の専門家へのアンケート結果に基づいて示す『環境危機時計』のが、

2年連続で逆戻りし、最新時刻は9時5分になったと発表しました。

過去最悪だった一昨年の9時15分、昨年の9時8分と比べ、

人類滅亡を示す12時までの“残り時間”が若干延びた格好。



しかし、まだまだい時計の話があります、







それは、『世界終末時計』(Doomsday clock)

『核の時計』



その時計の針は現在、『分前』



この時計は、核戦争の起こる危険度を、

「真夜中の午前0時までの残り時間」で表す時計

1947年設置以来半世紀に危険度を反映して

進めたり遅らせたりと17回、時計の針を動かした。

1992年には東西冷戦の終結で17分前まで遅らされたが、

その後また進み、2002年には2分進められて、

いま針は午後11時53分を指している。



26-3.jpg



005-005.gif

いつも応援ありがとうございます。

1クリック投票お願いします♪


posted by こぶる at 08:58| 愛媛 ☔| Comment(0) | TrackBack(2) | がんまえ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6650599

この記事へのトラックバック

環境危機時計
Excerpt: 「環境危機時計」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み...
Weblog: ブログで情報収集!Blog-Headline/life
Tracked: 2005-09-09 09:12

地球環境悪化で人類滅亡「極めて不安な」9時5分に!!!
Excerpt: 旭硝子財団は6日、2005年の環境危機時計を発表しました。 環境危機時計は、12時を人類滅亡時間とした場合に、現在何時かを専門化が調べて出すものらしい。 環境危機時計によると、京都議定書発効が評価され..
Weblog: One And Only
Tracked: 2005-09-09 09:46
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。