2005年05月24日

契約一般

○×式の問題です。解答は追記に載せてあります。

委任契約において、委任者又は受任者が死亡した場合、委任契約は終了する。


005-005.gif
人気blogランキングに参加中です♪
さて、気になる順位は?

解答はこちら↓
posted by こぶる at 08:40| Comment(1) | TrackBack(0) | ばつまる権利 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月23日

組合

○×式の問題です。解答は追記に載せてあります。

AはBと、それぞれ1,000万円ずつ出資して、共同で事業を営むことを目的として民法上の組合契約を締結した。AとBは、出資の価額が均等なので、損益配分の割合も均等に定めなければならない。


005-005.gif
人気blogランキングに参加中です♪
さて、気になる順位は?

解答はこちら↓
posted by こぶる at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ばつまる権利 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月22日

贈与

○×式の問題です。解答は追記に載せてあります。

Aは、Bから建物を贈与する旨の意思表示を受け、これを承諾したが、まだBからAに対する建物の引渡し及び所有権移転登記はされていない。贈与が書面によるものである場合で、Bが建物の所有権移転登記に応じないとき、Aは、Bに対して当該登記を求める訴えを裁判所に提起することができる。


005-005.gif ← 1クリックで投票完了! ランキング参加中です♪

解答はこちら↓
posted by こぶる at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ばつまる権利 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月20日

質権

○×式の問題です。解答は追記に載せてあります。

Aは、Bから建物を賃借し、Bに3,000万円の敷金を預託した。その後Aは、Bの承諾を得て、この敷金返還請求権につき、Cからの借入金債務を担保するために、Cのために適法に質権を設定した。この場合、CのAに対する利息請求権は、常に満期となった最後の2年分についてのみ、この質権の被担保債権となる。


005-005.gif ← 1クリックで投票完了! ランキング参加中です♪

解答はこちら↓
posted by こぶる at 08:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ばつまる権利 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月17日

先取特権

○×式の問題です。解答は追記に載せてあります。

Aが、Bに賃貸している建物の賃料債権の先取特権について、AがBから敷金を預かっている場合には、Aは、賃料債権の額から敷金を差し引いた残額の部分についてのみ先取特権を有する。


banner_04.gif←1 click! 応援お願いします♪

解答はこちら↓
posted by こぶる at 17:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ばつまる権利 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月15日

占有権

○×式の問題です。解答は追記に載せてあります。

売主A・買主B間の建物売買契約が解除され、建物の所有者Aが、B居住の建物をCに売却して所有権移転登記をした場合、Aが、Bに対して建物をCのために占有することを指示し、Cがそれを承諾しただけでは、AがCに建物を引き渡したことにはならない。


banner_04.gif←1 click! 応援お願いします♪

解答はこちら↓
posted by こぶる at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ばつまる権利 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月10日

相隣関係

○×式の問題です。解答は追記に載せてあります。

土地の所有者は、隣地から木の枝が境界線を越えて伸びてきたときは、自らこれを切断できる。


banner_04.gif←1 click! 応援お願いします♪

解答はこちら↓
posted by こぶる at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ばつまる権利 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月07日

地役権

○×式の問題です。解答は追記に載せてあります。

Aは、自己所有の甲土地の一部につき、通行目的で、隣地乙土地の便益に供する通行地役権設定契約を、乙土地所有者Bと締結した。このときBは、この通行地役権を、乙土地と分離して、単独で第三者に売却することができる。


banner_04.gif←1 click! 応援お願いします♪

解答はこちら↓
posted by こぶる at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ばつまる権利 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月03日

相殺

○×式の問題です。解答は追記に載せてあります。

Aは、B所有の建物を賃借し、毎月末日までに翌月分の賃料50万円を支払う約定をした。またAは敷金300万円をBに預託し、敷金は賃貸借終了後明渡し完了後にBがAに支払うと約定された。Aは、Bが支払不能に陥った場合は、特段の合意がなくても、Bに対する敷金返還請求権を自動債権として、弁済期が到来した賃料債務と対当額で相殺することができる。


banner_04.gif←1 click! 応援お願いします♪

解答はこちら↓
posted by こぶる at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ばつまる権利 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月30日

債権譲渡

○×式の問題です。解答は追記に載せてあります。

Aが、Bに対して有する金融債権をCに譲渡した場合、譲渡通知は、AがBに対してしなければならないが、CがAの代理人としてBに通知しても差し支えない。


banner_04.gif←1 click! 応援お願いします♪

解答はこちら↓
posted by こぶる at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ばつまる権利 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月25日

委任

○×式の問題です。解答は追記に載せてあります。

Aが、A所有の不動産の売買をBに対して委任する場合、不動産のような高価な財産の売買を委任するためには、委任状を交付しないと、委任契約は成立しない。


banner_04.gif←1 click! 応援お願いします♪

解答はこちら↓
posted by こぶる at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ばつまる権利 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月22日

請負

○×式の問題です。解答は追記に載せてあります。

Aが建設業者Bに請け負わせて木造住宅を建築した場合、Aの報酬支払義務とBの住宅引渡債務は、同時履行の関係に立つ。


banner_04.gif←1 click! 応援お願いします♪

解答はこちら↓
posted by こぶる at 08:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ばつまる権利 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月20日

不法行為

○×式の問題です。解答は追記に載せてあります。

不法行為の被害者は、損害賠償債権を自動債権として、加害者に対する金銭返還債務と相殺することができない。


banner_04.gif←1 click! 応援お願いします♪

解答はこちら↓
posted by こぶる at 13:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ばつまる権利 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月19日

借地借家法(借地)

○×式の問題です。解答は追記に載せてあります。

AがBの所有地を賃借して、建物を建てその登記をしている。Aがその建物をCに譲渡する場合、特別の事情のない限り、Aは、Cに対する敷地の賃借権譲渡についてBの承諾を得る必要がある。


banner_04.gif ←1 click! 応援お願いします♪
解答はこちら↓↓↓
posted by こぶる at 09:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ばつまる権利 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月17日

借地借家法(借家)

○×式の問題です。解答は追記に載せてあります。

AがBからBの所有する建物を賃貸している場合に、AはBの負担すべき必要費を支出したときは、直ちに、Bに対しその償還を請求することができる。

☆資格・スキルアップ☆

解答はこちら↓
posted by こぶる at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ばつまる権利 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月15日

賃貸借

○×式の問題です。解答は追記に載せてあります。

AはBから建物を賃貸し、Bの承諾を得て、当該建物をCに転貸している。Cは、Bから請求があれば、CがAに支払うべき転借料全額を直接Bに支払う義務を負う。

☆資格・スキルアップ☆


解答はこちら↓
posted by こぶる at 08:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ばつまる権利 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月13日

建物区分所有法

○×式の問題です。解答は追記に載せてあります。

共有部分は、区分所有者全員の共有の登記を行わなければ、第三者に対抗することができない。

☆資格・スキルアップ☆

解答はこちら↓
posted by こぶる at 11:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ばつまる権利 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月10日

共有

○×式の問題です。解答は追記に載せてあります。

A、B及びCが、建物を共有している場合(持分を各3分の1とする。)、Aは、BとCの同意を得なければ、この建物に関するAの共有持分権を売却することはできない。

☆資格・スキルアップ☆

解答はこちら↓
posted by こぶる at 16:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ばつまる権利 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月08日

連帯債務

○×式の問題です。解答は追記に載せてあります。

A及びBは、Cの所有地を買い受ける契約をCと締結し、連帯して代金を支払う債務を負担している。
この場合、Aが債務を承認して、Cの代金債権の消滅時効が中断されたときでも、Bの債務については、中断されない。

☆資格・スキルアップ☆

解答はこちら↓
posted by こぶる at 07:53| Comment(1) | TrackBack(0) | ばつまる権利 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月06日

連帯保証

○×式の問題です。解答は追記に載せてあります。

AがBに1,000万円を貸し付け、連帯保証人となったCがAに対して全額弁済した場合に、Bに対してAが有する抵当権を代位行使するためには、Cは、Aの承諾を得る必要がある。

☆資格・スキルアップ☆

解答はこちら↓
posted by こぶる at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ばつまる権利 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。